50代の薄毛の原因と対策。

この記事は4分で読めます

50代の薄毛の原因と対策

50代女性の薄毛は男性の薄毛とは全く異なります。50代で直面する更年期や加齢による薄毛の対策方法は?どんな方法が最適なのでしょうか。

50代女性の薄毛の特徴は?

50代に入ると、髪の毛が細くなって抜けやすくなり、ボリュームも無くなってきます。

トップのボリュームを出すのが難しくなって、頭の上がぺたんとなってしまうことも多いでしょう。50代女性

白髪もかなり多くなってくるので、髪の生え際の白髪ともあいまって、より薄毛が目立つように感じることもあります。白髪染めを検討し始める時期でもあるのですが、白髪染めが頭皮に刺激となり、ダメージを与えることもあります。

50代後半には、髪が薄くなる人と、薄くならない人の差もどんどん出てくる時期でもあります。

 

50代女性の薄毛の原因

50代の薄毛の原因で大きいのは、更年期になり、女性ホルモンの分泌が減ってきていること。

更年期とは、女性が閉経を迎える前後の約5年間のことをいいます。一般的に50歳くらいで閉経を迎えるとされています。

更年期で減る女性ホルモンは エストロゲンです。

エストロゲンが減ると、様々な症状が出てきます。
顔や身体のほてり・のぼせ・冷え・異常発汗・動悸・息切れ・めまい・耳鳴り・頭痛・肩こり・腰痛・便秘もしくは下痢、腹痛・筋力の低下・頻尿・コレステロールの増加・視力、聴力の低下・骨粗しょう症・倦怠感・イライラ、不安感 など

こうした症状が出る人と出ない人と、個人差があるのですが、強く症状が出てしまうと、「更年期障害」と言って、生活に支障をきたす場合もあります。

50代女性の抜け毛、薄毛も、一説では、この更年期特有のエストロゲン減少によって引き起こされるとされています。

エストロゲンは、毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる、という働きがあります。産後の抜け毛でも原因となっていましたよね。

エストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまいます。

1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたりします。さらに、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていきます。

この場合は
「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」ともいい、全体が薄くなっていくのが特徴で、男性の薄毛とは異なるとされています。

しかし、逆に、、頭頂部分だけが薄くなってしまう方もいらっしゃいます。
これは女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが相対的に増加して、「軽い男性型脱毛症」となっている場合です。いわゆるAGAですね。
女性も卵巣や副腎で男性ホルモンに変化するホルモンを作っており、通常でも男性の約20分の1程度血中にあります。

キャリア志向の女性の方で、バリバリ仕事をしている人などに見られる場合があります。

このように、ホルモンバランスの崩れ方によって、症状の出方が異なります。

50代女性の薄毛対策に適した方法とは?

年齢による女性ホルモンの減少なのだから、仕方のないこと。どうしようもない・・・?

いえ、そんなことはないです。

女性ホルモンの分泌量が減ってきていたとしても、髪の毛を作る「毛乳頭」がちゃんと働いているので、髪の毛が全くできないわけではないのです。毛乳頭に栄養が行き渡るようにして、元気にしてあげれば、薄毛を改善することは十分できます。

ホルモンバランスの崩れも大きくならないように、対策をすることで、髪の衰えていくスピードを遅くすることができるんです。

現に、年をとっても髪が豊かな女性はたくさんいますよね。

 

更年期の症状を軽くする!薄毛にも効果的な対策法

運動する

ウォーキング

加齢により筋力も衰えますが、運動することで維持することができます。ふくらはぎの筋肉は歩くことによりポンプ機能のように下半身の血液を上半身へと押し上げて、体中の血液循環を促進しています。体の血行が良くなれば頭皮の血行も良くなります。

日ごろからよく運動する女性は、更年期症状が軽くなる傾向があるので、無理のない程度に運動を毎日続けるといいです。

 

ストレスをためないようにする

ホルモンの関係でイライラしやすくなることもありますし、ストレスが原因で女性ホルモン分泌が減って薄毛を進行させてしまうこともあります。

ストレスは血行を悪くするので、当然頭皮にも栄養が行かなくなります。
適度に息抜きをして、運動や趣味でストレスの発散を。

 

イソフラボンを摂取する

減っていく女性ホルモンを補うため、エストロゲンと同じような働きをするイソフラボンという栄養素を食事で積極的に取ると良いとされています。豆腐・イソフラボン

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、納豆・味噌・煮豆を食事にしっかり取り入れて、和食中心の食生活にするといいです。エストロゲン不足だとコレステロール値も高くなりがちなので、脂っこい洋食よりも、あっさりした和食で揚げ物を控えるといいですね。

ただし、乳がんや子宮筋腫等を持ってらっしゃる方は、イソフラボンで悪化することもあるので、サプリメントによる過剰摂取には注意してください。

あくまで食事で摂取しましょう。

頭皮の血行を促進する
シャンプーの時や、シャンプー後に、頭皮をマッサージするといいです。血行が良くなることで、頭皮や毛乳頭に栄養と酸素が行きわたり、抜け毛・薄毛の減少につながります。

 

正しいシャンプーを心がける
更年期は頭皮の皮脂の分泌量が減ってくるので、フケ用の洗浄力の高いシャンプーを使っていると、必要以上に皮脂を洗い流してしまうことがあります。潤いを保つシャンプーで抜け毛を促進しないよう、優しく洗う必要があります。洗髪後の保湿もしたほうが良いです。シャンプー

特に、正しいシャンプーの方法と頭皮マッサージで毛乳頭を元気にしてあげる方法は、40代のうちからでもやっておくと、頭皮の加齢は防ぐことができますよね。
生活習慣も40代から整えておくと、ホルモンバランスの崩れも小さくて済むかと思います。

若々しい髪を維持するために、40代のうちから、できることをしておくといいですよね。

 

ホルモンバランスが崩れていても薄毛にならない人がいるという真実

例えば更年期で女性ホルモンのバランスが崩れてしまっても、薄毛になる人とならない人がいます。

女性は閉経前後から、エストロゲンが激減します。年を取れば必ずホルモンバランスが変わる時が来るのです。

女性全員が経験するはずのことなのに、

年を取っても 髪がフサフサの人と 薄毛が進行する人がいるのはどうしてでしょうか?

ホルモンバランスの崩れ具合の問題なのかもしれませんし、薄毛の原因が本来ホルモンバランスだけが原因ではないのかもしれません。

実はこの辺りは、まだ明確に解明されていないのが現実です。

ホルモンバランスが乱れたとしても、髪の毛を復活させる方法があるとすれば、

積極的にその方法を試していくことが大切です。

一言で、ホルモンバランスが原因だと言ってしまうのは簡単かもしれませんが、

そうすると、「仕方がないこと」「あきらめるしかない」と結論づけて終わってしまう気がしませんか?

しかし、実際には高齢になっても豊かな髪を維持している人がいます。

もちろん、50代からでも、60代、70代からでも髪の毛を増やした人もいるのです。

 

ホルモンが原因?と決めつけてあきらめたり、 安易にホルモン剤・薬剤治療に走らずに

まずは加齢に負けずキレイな髪を復活させている、実績のある方法でケアをしていくことも大切です。

 

essencebanner1
★お知らせ★ ご要望にお応えして、サイエ式育毛発毛プログラムの内容詳細を公開しました こちら⇒

essencebanner1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ドライヤーで抜け毛
  2. 女性薄毛の原因がタバコ
  3. 遺伝と家系図

40代女性の抜け毛・薄毛改善ルーム

管理人まゆこが薄毛を改善してきた方法、使って良かったアイテム、豊かな髪を維持するため、取り組んだ方法をご紹介しています。

まゆこの自己紹介 →

私の育毛方針 →

・私が調べて良い!と思ったもの

・製品開発者が信頼できるもの

・自宅で手軽に続けられるケア

を紹介しています!

薄毛を乗り越えて、きれいな髪のアンチエイジングを一緒に目指しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
repobanner2