大寒の候、大寒たまごで金運とツヤ髪を狙ってみる

この記事は2分で読めます

大寒たまごとは?金運アップと美髪をねらう40代女性の抜け毛・薄毛改善ルーム大寒の候、いかがお過ごしでしょう。今日はとても寒くてたまりませんね。昨夜は風もきつかったし、今朝は雪もちらつくし、部屋の中も暖房入れてもなかなか暖まりません。エアコンは強くすると空気が乾燥しすぎて嫌なんだけどな。

さて、2014年の1月20日は 「大寒」です。

二十四節気のひとつ、大寒。一年で最も寒さが厳しい時期とされています。2月4日の立春までの2週間の時期を大寒というのですが、寒中水泳とかマラソンとか、武道の寒稽古とか、この時期を狙ってやるのです。厳しさに耐えて精神力を養うのでしょうね。ああ考えるだけで寒い。

普段はあまり意識しないですよね。大寒。 カレンダーにちょこっと載っていたりします。

この大寒の時期の食べ物で、面白いものがあります。

「大寒たまご」

これは、大寒の日に生まれた たまご の事を言います。
大寒の日にうまれた卵は『大寒卵』と呼ばれ、この日に生まれたたまごを食べると、昔から健康でいられるとされていたそうです。

寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまご1個あたりの滋養分がたっぷりになるから。凝縮された卵の栄養分をいただいて、健康になろうってことですね。

また、たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあり、風水の世界では、「寒たまごを食べると金運が上昇する」ともいわれ、その一年間は、お小遣いに困らないとか・・・。

きっと、味も濃縮されていて、おいしいんでしょうね。楽天などでお取り寄せもできるようですし、最近では、「寒たまご限定あづみ野バウム」なんて、大寒たまごで作ったバウムクーヘンが人気なんだとか。確かに、濃厚でおいしそうな気がします。

うちはさすがに卵のお取り寄せはしませんが、大寒たまごの存在を知ってしまったら、この時期にはスーパーで買ってきて卵料理しようかな、なんて考えてしまいます。今年は1月20日からしばらくしたら大寒に産まれた卵にありつけるでしょう。店員さんに聞いてみよう。(笑)

そうそう、卵は髪の毛にもいい食品なんですよ。

卵には、髪の毛を健康に保つために必要な4つのミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄が含まれ、タンパク質やビオチンもたっぷりと含まれています。

中でも硫黄は大切。含硫アミノ酸にはメチオニンとシスチンがあります。髪の毛の育毛に必要な栄養素はシスチンのほうです。シスチンが足りなくなってくると髪の毛が細くなったり、脱毛が起こったりします。卵にはこの二つの含硫アミノ酸が豊富に含まれています。

鉄分は、毛根細胞に酸素を供給するために必要で、不足すると脱毛の原因になります。

亜鉛は、脱毛を防ぐ効果がある他、白髪化を防いだり、頭皮の乾燥を予防する効果もあります。

ビオチンって耳慣れないかもしれませんが、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ、ビタミン B 群に分類されるビタミンの一種。これが不足すると、髪の毛が脆弱になるそうです。皮膚のビタミンで、アトピー性皮膚炎の人はビオチン不足なんだとか。

髪の毛はたんぱく質でできています。その元になる良質なたんぱく質、卵ならたっぷり取れてしまいます。

40代ともなると、コレステロール値も気になり始めるので、たくさん食べるのは気が引けますが、滋養豊富な大寒たまごは、狙って食べるといいかも。

ついでに金運もアップするといいなぁ~。

 

 

essencebanner1
★お知らせ★ ご要望にお応えして、サイエ式育毛発毛プログラムの内容詳細を公開しました こちら⇒

essencebanner1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女性の抜け毛薄毛

40代女性の抜け毛・薄毛改善ルーム

管理人まゆこが薄毛を改善してきた方法、使って良かったアイテム、豊かな髪を維持するため、取り組んだ方法をご紹介しています。

まゆこの自己紹介 →

私の育毛方針 →

・私が調べて良い!と思ったもの

・製品開発者が信頼できるもの

・自宅で手軽に続けられるケア

を紹介しています!

薄毛を乗り越えて、きれいな髪のアンチエイジングを一緒に目指しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
repobanner2