女性で増毛スプレー使ってる人いる?ふりかけの効果はいかに?

この記事は5分で読めます

女性で増毛スプレー使ってる人いる?ふりかけの効果はいかに?

薄毛を隠してくれる増毛スプレーは女性も使えますが、いろいろと
気を付けるポイントがあります。メリットとデメリットを知って上手に活用したいものです。
場合によっては頭皮にマイナスになることもあるので、良く知っておきましょう。

女性の薄毛に増毛スプレー

薄毛にかける増毛スプレー、一度はテレビの通販番組でも見たことがあるんじゃないでしょうか。
結構昔からあると思います。

出てくるのは、ほとんどがバーコードヘアと言われていた男性のモデルさん。
増毛スプレーや粉をかけるだけで、みるみる髪の毛が増えていき、あっという間に
フサフサヘアー になる様子は、見ていて興味そそられます。

もちろんこれ、女性も使用できます。

増毛スプレーはパウダータイプ(ふりかけ)もある

増毛スプレーと先ほどから何度も言っていますが、
増毛の粉状(パウダー)もあり、これは通称:ふりかけ などともいわれています。パウダーのほうが有名かもしれませんね。頭皮に筒状の容器をトントンとつけてパウダーを振りかけるやつです。

どちらも髪の毛が増える原理は似たようなものです。

特殊な繊維でできた黒い粉が、自分の髪の毛に付着し、髪の毛のボリュームをアップさせるんですね。

繊維がスプレー状に出てくるか、粉状になっていて容器からふりかけて使うかの違いです。

その繊維の特徴が、メーカーによって差があります。

各メーカーが、より手軽に、自然に、自毛になじむように改良開発を続けている感じですね。

髪の毛にスプレーする増毛法の特徴

スプレーの増毛法は、髪の毛に特殊な繊維が付着することで、髪の毛のボリュームが増えます。

そのため、頭に繊維が付着してくれるだけの髪の毛が残っていないと増毛できません。

女性の場合だと、髪の毛の分け目から薄くなってきているタイプの人は効果的に使用できます。
女性の多い、びまん性の脱毛状態ですね。分け目から徐々に薄くなっているタイプ。
こういう人には合っていると言えます。

前髪が後退してきて、髪の毛が全くない部位が広くなっている人などはちょっと使いづらいです。
円形脱毛症のように、一部が完全に毛がない状態の場合も、不自然になりがちです。

使い方は

お出かけ前に、髪が薄くなってきているところへ、スプレーや粉をかけるだけでOK。
製品によっては、馴染ませるためにスプレーした後に髪の毛を櫛でとかす必要があります。

そのあと、スプレーした(ふりかけた)繊維を髪の毛に定着させるために、定着用のスプレーをかけて
出来上がりになります。

この辺は、製品によって微妙に使用法が異なります。

増毛スプレーを女性が使う際の注意点

増毛スプレーは万能ではないです。

確かに、お出かけ前にかけるだけなので、手軽そうですが・・・。

私も実は買ったことがあります!
思ったほど簡単ではないことが良くわかりました。

取扱説明書に書かれているように、うまく髪の毛に付けることができなかったんですよね。

うーん、でも慣れの問題かもしれませんね。私が単純に不器用なのもあるかもしれないです。

上手に使えば、うまく薄毛を隠せるので活用してほしいのですが、
自分では活用しきれなかったというのが本音です。

スプレーの方法が難しい

使いづらかった理由の一つに、増毛スプレーは扱いが難しいということです。
薄毛の部分を隠すように、上手に、まんべんなく、適量を付ける必要があります。
これはふりかけパウダータイプも同じだと思います。

一か所に必要以上につけてしまうと、スプレーの成分がダマになったり、不自然に固まってしまうことがよくあります。
これを均一につけるのには、結構練習が必要です。

私は働いているので、朝は子供の送り出しやら自分の出勤準備や、夜の家事を前倒しでやっときたいなど、結構バタバタします。その中で、増毛スプレーをつける時間を捻出するの難しかったんです。

いや、たぶん数分の問題なんだと思います。慣れれば。
もちろん最初は土日の時間に余裕があるときに練習をするんですけど、コツがいるんです。キレイにつけるには。

でも、急ごうとすればするほど、おかしくなるんですよね。

ちゃんとつけないと、不自然になり、「薄毛を隠しています」感が出てしまいます。

付けているのがばれてしまいかねません。

私みたいな不器用さんは、ウィッグのほうが断然楽ですし、自然です。

質感と色合わせが難しい

一か所に大量につくと、繊維ばかりの状態って、髪の毛の艶とはまた違う感じのマット感と言いますか、
おかしなけば立ち感を醸し出します。

上手に、薄く、均一に。

それでも、独特の、髪の毛とはことなる艶のない感じが出てきます。

あとは色合わせが少々難しいです。

髪の毛って、染めていなくても、毛先のほうが少し明るくなっています。
ウィッグ選びもそうなのですが、根本と同じ色にすると違和感が出ますし、
そうはいっても毛先の色で合わせると、分け目が薄毛の私の場合は、微妙に分け目周りが明るくなり、
目立つ感じになります。

明るさによっても見え方が異なるので、できるだけ自然光の明るいところで確認してください。
メイクのファンデーションと同じですね。

増毛スプレーは結構臭い

朝、スプレーをすると、独特のアルコールに似た薬品のような香りがします。
永久に消えない臭いではないのですが、うちは洗面所に窓がないため、換気扇を入れてやります。
それでも、スプレー直後は臭いがします。

黒い微粉を吸い込んでいる可能性も大いにあると思います。

汗や雨には気を遣う

増毛スプレーは、製品のアピールポイントで汗水に強いと書かれていることが多いですが、
製品によっても大きく差があります。

どのみち、シャンプーで落として、また翌日つける性質のものですから、
汗や水に強いと言っても、全く流れ落ちないわけではありません。

某パウダータイプは、たくさん汗をかくと、増毛スプレーの繊維が汗と混じって、黒い汗をかくことになります。
雨の日も同じですね。

温泉やプールも難しいですよね。

細かい繊維があちこちにつく

濡れたときの話をしましたが、乾燥していても、細かい増毛スプレーの繊維は、日常動作の中で落ちています。

パステルカラーのトップスを着ていた日には気が気ではありません。
肩の部分に気が付いたら黒い小さな粉末がついていることがあります。

寝てしまうと枕につきます。
映画館は要注意です。
新幹線やバスの座席の頭部をもたれさせる部分にもつくことがあります。
歯医者さんの診察台も危険です。
エステとかマッサージ店に行くときも注意が必要です・・・。
はっと台をみたら粉だらけとかありえますので。

セットするときも、洗面所も粉だらけになります。何気にこれ掃除が大変です。

繊維が飛ばないように、定着スプレーをセットで売っている製品がありますが、必須です。
もしくは、仕上げにケープのようなスタイリング固定できるスプレーをかけるといいです。

頭皮への影響

増毛スプレーやふりかけは、毎日の洗髪で洗い流す必要があります。
ゴシゴシと摩擦で洗い流すのは、当然頭皮への影響が強く、今ある髪の毛にダメージを与えかねません。

増毛繊維は、毛穴よりも大きいので、毛穴を詰まらせるということはないと思うのですが、
皮脂と繊維が混ざり合って頭皮についたままになるのは良くありません。

繊維を落とせるだけの洗浄力を持ったシャンプーを使う必要があり、そのシャンプーが育毛基準のものだと、繊維が落ちないし・・・、というジレンマに陥りがちです。

増毛スプレーのメリットを生かすには

色々とマイナス面を書き綴ったのですが、これは完全に私の使用感と挫折経験に基づくものです。

上手に使いこなせる人にとっては、有用なものだと思います。

まず、弱点が表に出ない場面で、弱点をカバーしながら使用すればいいんですよね。
寝たり頭を持たせかけるシチュエーションがない、晴れの日に使えばいいんです。

あとは、製品の品質が高いものを選ぶことも大切です。
耐久性、耐水性、耐摩耗性は、製品によって異なります。あとは定着しやすさと落としやすさでしょうか。

メイクのファンデーションやコンシーラー、日焼け止めと同じようなポイントになっちゃいますが、考え方は同じであると思います。

あ、日焼け止めで思い出しましたが、増毛スプレーで薄毛の部分を覆ってあげると、紫外線対策にもなります。
薄くなった頭皮に紫外線直撃は、やはり頭皮の老化を進めます。日光から守ってくれる点も育毛にはプラスですね。

増毛スプレーで女性が使いやすいのは?

使うならどの製品がいいのか?というお話ですが、私は継続して使っている製品はありません。

そのうえで一つ上げるとしたら、QZ増毛スプレーだと思います。

 

QZ増毛スプレーの優秀な点は、細かい増毛繊維が、髪の毛を包むように均一についてくれることです。
といっても、スプレーのやり方が決まっていて、

スプレーをして、櫛を入れて髪の毛をいったんとかし、逆方向からもスプレーするんですね。

結構練習が必要なのですが・・・。できるようになれば(そして面倒でなければ)いい製品です。

さらに、耐水性が優れているので、雨にぬれても泥水が顔を伝うこともないですし、繊維がパラパラ肩に落ちることもほとんどありません。

専用のシャンプーもセットで販売されているのですが、なんと専用シャンプーで洗えば、頭皮の汚れは落ちるのに髪の毛についた増毛繊維は落ちないという仕組み。
増毛繊維は石鹸を使うと簡単に落ちるという摩訶不思議な製品なのです。

これならぎりぎり育毛と両立できるのではないかと感じます。

髪の毛が繊維でコーティングされる感じになるので、自然になります。
質感はちょっとツヤがない感じの髪の毛になります。

男性からはごわつくというコメントが寄せられているようですが、女性の薄毛で、髪の毛も細くコシが無くなってきている場合には、かえってごわつくぐらいでも良いと感じる方もいます。

難点は、カラーが2種類しかないということです。
他の増毛スプレーやパウダーは、カラバリが豊富です。
髪の毛の色と合えばいいのですが・・・。

もし気になった場合は見てみるといいですね。

おわりに・まとめ

増毛スプレーは女性の薄毛にも使えます。
製品は耐水性や使いやすさ、落ちにくさ、色などを考慮して、自分にあった自然なものを使いましょう。

とはいえ、女性の薄毛は日頃のお手入れ次第で、自分の髪が復活することも十分あります。
隠して洗い流してを繰り返す増毛スプレーは、頭皮への刺激がゼロではないです(むしろ増えるので)
私はスプレーに力を入れるのと同じ手間で育毛できると感じたし、スプレーの使いこなしが下手だったので、育毛一直線でした。

頭皮への影響や毎日の生活スタイルに合わせて、必要であれば取り入れてみてくださいね。

essencebanner1
★お知らせ★ ご要望にお応えして、サイエ式育毛発毛プログラムの内容詳細を公開しました こちら⇒

essencebanner1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 増毛
  2. ウィッグ 購入

40代女性の抜け毛・薄毛改善ルーム

管理人まゆこが薄毛を改善してきた方法、使って良かったアイテム、豊かな髪を維持するため、取り組んだ方法をご紹介しています。

まゆこの自己紹介 →

私の育毛方針 →

・私が調べて良い!と思ったもの

・製品開発者が信頼できるもの

・自宅で手軽に続けられるケア

を紹介しています!

薄毛を乗り越えて、きれいな髪のアンチエイジングを一緒に目指しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
repobanner2